スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GPSチップ

市民駅伝が盛況です。

エリート大会とは違って、200チーム以上がエントリーする市民駅伝は「リレーゾーンの交通整理」が大変です。
速いチームは「テキパキ」と手際良く行動できるのに対し、遅いチームは「動きが緩慢」なうえに要領が悪いので混雑に拍車をかけます。
この混雑をバラケさせる良い方法は何か無いものか?

自分のチームの前の走者がいつ来るかが分かれば、それに合わせて準備が出来ます。
そこで提案。
『前の走者が手前のマットの上を通過したら、アラームを鳴らすか、ブルって知らせてくれる。駅伝用RCチップの開発』
なんて出来ないだろうか?

現に24時間リレーマラソンでも、手前のマットの上を通過したら、電光掲示板にチーム名が流れるシステムが導入されている。
東京マラソンでも、ランナー位置情報サービスで、指定したメールアドレスに通過時刻が届くシステムが導入されている。
それらの応用で出力先をRCチップに向ければ良いので、まんざら実現不可能な話では無いと思う(素人目には)

「コストが馬鹿にならない」
「ニーズはあるのか」

それなら試しに作って年末の高校駅伝で試してみると良いと思います。
都道府県で47チームもいて、去年も襷リレーでナンバーコールが聞こえなくてタイムロスしていましたから、ニーズは十分あると思います。おじいちゃん役員の仕事には荷が重すぎます。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ノンストップ

Author:ノンストップ
 ここでは趣味のランニングに限らず、日頃考えていることや、プロスポーツについて、ポジティブに出来るだけ柔らかい文章で書き綴っていこうと思っています。

ただ、ここに書くことは、私個人の意見であって必ずしも正論ではないことを、ご理解ください。

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。