スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根駅伝・往路

スーパー1年生が大活躍です。

往路は「山の神童?」柏原君の快走で東洋大が大逆転優勝。
前評判で一人別次元の練習をしていると聞いていたものの、まさか山登りを平地に近いペースで最後まで爆走してしまうとは正直驚きました。
山登りの1区間だけで、かっさらった往路優勝という印象です。

早稲田はほぼ想定通り、いや想定以上にスーパー1年生の矢澤君と三田君が区間賞の快走で流れを引き寄せました。
エース竹澤君の区間新が終わってみれば、霞んでしまうほど早稲田の往路はほぼ完璧でした。
「ほぼ」は山で抜かれなかったらですが...あれは山の柏原君の走りが凄すぎのせいで、決して遅かった訳じゃないですね。

明日の総合優勝争いは、早稲田と東洋の一騎打ちとみます。(以下、1/3の深夜0時に書いてます)
メンバー的にいい勝負になりそうですが、勝つのはズバリ早稲田かな。

山下りは加藤君がいる分、早稲田にアドバンテージがあります。早稲田はここで出来るだけ離したい。
7区か8区に登場するであろう早稲田3人目のスーパー1年生・八木君の爆走を予言します。ここが決め手になると思います。
八木君が凡走に終わった場合は、10区までもつれるかな...

ところで、駒澤はいったいどうしてしまったのか??
明日の復路を見てみないと分かりませんが、恐らくベストメンバーが組めなかったんじゃないかと...
自分の予想では、3区は池田君に交代すると思ってたのが、そのまま渡邉君で、結果この区間だけで早稲田に5分半の負け。
1区にもっと強い選手を置けなかったのも敗因だと思いますね。
明日のシード争いは壮絶なことに...

2区、3区、4区、5区と4連続区間新というのも驚きです。

復路はどんなサプライズが待っていることやら。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ノンストップ

Author:ノンストップ
 ここでは趣味のランニングに限らず、日頃考えていることや、プロスポーツについて、ポジティブに出来るだけ柔らかい文章で書き綴っていこうと思っています。

ただ、ここに書くことは、私個人の意見であって必ずしも正論ではないことを、ご理解ください。

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。