スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニューイヤー駅伝

正月の駅伝予想の第1弾、まずは(注目度の低い)ニューイヤーから。
まだオーダーが出ないので展開がどうにも読めませんが、例年の2強(コニミノ・中電)+2チーム(日清・ホンダ)の争いですかね。

区間編成がかなり変わりました。最長区間(22.3k)が4区に変わり、最難関区間5区(15.9k)とエース区間が2つ並びます。
ここを走る選手次第で優勝が決まる可能性が高いですが、アンカーの7区(15.7k)も長いので最後までもつれるかも知れません。
外国人選手は1チーム1人で最短区間(8.7k)の2区だけに限定。

コニカミノルタは、松宮兄、坪田と駅伝に強い2人がエース区間を快走すれば今年も本命か。新人の黒崎(東洋大卒)が新戦力。
中国電力は、マラソン3人衆(油谷・尾方・佐藤敦)が心配。中堅も世代交代に入ったか。新人の伊達(東海大卒)が新戦力。
日清食品は、マラソン組の諏訪・徳本がエース区間から外れるようだと苦しい。新人の北村(日体大卒)と座間(専修大卒)が新戦力。
ホンダは、東日本予選をトップ通過。新戦力が無く、流れを変える爆走型の選手がいない。

スポーツ紙や雑誌のような書き方になってしまいましたが、現状分析ではこんな状況のようです。

注目度で箱根駅伝に敵わない理由は、前哨戦の無い1本勝負のせいもあるかな?
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

区間エントリーを見ると中電が良さそう。
プロフィール

ノンストップ

Author:ノンストップ
 ここでは趣味のランニングに限らず、日頃考えていることや、プロスポーツについて、ポジティブに出来るだけ柔らかい文章で書き綴っていこうと思っています。

ただ、ここに書くことは、私個人の意見であって必ずしも正論ではないことを、ご理解ください。

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。