スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狭いコースで時差スタート

滋賀遠征で、あいの土山マラソンを走ってきました。

それなりに厳しいコースという話は聞いていましたが、いつまでも完走目的で走っても
仕方が無いので、前半から積極果敢に攻めました。
案の定、後半が悲惨な事になりますね・・・

26:34-26:38-26:00-28:29(坂)-
29:36-39:10-48:44-35:59-15:00

25km以降は休んで歩いての繰り返しで、止めようかとも思いましたが、
完走出来たのは、私設エイドの方々や暖かい応援のおかげです。

この地獄がフルマラソンの面白さともいえます。
次の大会でトラウマをひきずるか、克服できるか、今は何とも言えません...


この大会は、コースのアップダウンよりも「狭いコースの時差スタート」が大きいと思います。

女子のフルスタート->(5分)->男子のフルスタート->(5分)->
女子のハーフスタート->(5分)->男子のハーフスタート

スタートから16kmまでは、フルとハーフが同じコースを走ります。
この形式は「やりづらい」です。
多摩川の駅伝をフルマラソンでやっている感じです。

16km以降のペースダウンの最大の原因は、この形式で周りの走者に気を使い過ぎているから
かも知れません。スピードがバラバラですから。


走り終わった後、帰りのバスの中で気分が悪くなって吐きそうになりました。
タイムの割りに、腹筋まで使って相当頑張ったフルは久しぶりです...

ダメージが大きいので、名古屋始発のこだまの自由席でゆっくり帰りました。
3連休の真ん中なので空いていました。

家に帰ったら「日本シリーズはどうせ巨人だろう」と思って結果を見たら
東北楽天イーグルスの勝利じゃないですか! 
ファンではありませんが、思わず「やった!」と叫びました!

今年のシリーズは7戦中6戦が、勝つと思った方が大概負けるシリーズでした。
特に美馬投手は、交流戦の巨人戦では1回ノックアウトだったので
このシリーズでは戦力にならないと思っていただけに、嬉しい誤算でした。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ノンストップ

Author:ノンストップ
 ここでは趣味のランニングに限らず、日頃考えていることや、プロスポーツについて、ポジティブに出来るだけ柔らかい文章で書き綴っていこうと思っています。

ただ、ここに書くことは、私個人の意見であって必ずしも正論ではないことを、ご理解ください。

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。