スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

練習番長と本番に強い選手

出雲駅伝は東洋大学が優勝しました。3冠狙いは本気ですね。
主力に故障者が出ていたとのことで予想から外したのですが、間に合っていて失礼しました。
1区を走った「山の神」がやや出遅れた以外はブレーキも無く完勝でした。

駒澤は「鬼門の1区」優勝候補筆頭のプレッシャーに負けたかな...
一方でアンカーの窪田選手が順位を上げて区間賞も獲得したのは今後の脅威です。

早稲田はベストメンバーが揃わなかったので3位なら上出来でしょう。
昨シーズン3冠の「ツケ」なのか? 故障者、不調者が続出しており、
今後の全日本も良くて3位、箱根の連覇1本に絞ってくると思われます。

東海と明治は「チームの底上げ」が少しでも出来れば3強を崩せる存在になってきます。
拓殖が留学生2人起用で第一工大の代役みたいでした。掻き回し役で終わりましたね。


そういえば出雲駅伝のCMで体操選手が登場していたのを見て思い出しましたが、
世界体操の女子団体戦をTV観戦していて感動しました。

跳馬の練習中に膝をぶつけて流血するアクシデントが発生!
代役の選手が練習無しで跳んで繋ぎ、最後の種目の段違い平行棒では神憑りに高得点連発
で五輪出場権を獲得。
まるで漫画にありがちなストーリーで、表現は悪いですが怪我の功名です。


スポーツの世界は「練習番長」より「本番に強い選手」の方が活躍するんですよね。
理不尽ですけど。


北上マラソンの結果なんですが、過去最低の練習量が災いして自己ワーストタイムの完走でした。
37km辺りから手の震えが始まって、40km手前では全身痙攣で長時間休憩する羽目になりました。
そのおかげで制限時間5時間を辛うじて切る結果となりました。
典型的な脱水症状のようです。
給水は小まめに取っていて、朝食もしっかり取っているのに...フルは難しいです。

自分もどちらかというと本番に弱いタイプです。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ノンストップ

Author:ノンストップ
 ここでは趣味のランニングに限らず、日頃考えていることや、プロスポーツについて、ポジティブに出来るだけ柔らかい文章で書き綴っていこうと思っています。

ただ、ここに書くことは、私個人の意見であって必ずしも正論ではないことを、ご理解ください。

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。