スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全日本大学駅伝予選会

今日、全日本大学駅伝の関東予選会が行われました。
速報サイトからの情報によると、以下の6校が11月6日の本戦への出場権を得た模様です。

1位 青山学院大学
2位 帝京大学
3位 城西大学
4位 中央大学
5位 日本体育大学
6位 上武大学

次点 國學院大学

この予選会は10000mを各校8人(4レース×2人)で走り、8人の合計タイムで順位を競います。
ここに興味深いデータがあります。

10000mの持ちタイムの合計順だと、

1位 城西大学
2位 東京農業大学
3位 日本体育大学
4位 国士館大学
5位 順天堂大学
6位 拓殖大学
-------------------
7位 上武大学
8位 中央大学

14位 帝京大学
17位 青山学院大学

これが戦前の予想の1つの基準でした。
ところが蓋を開けて見ると、意外な結果となった訳です。

青学と帝京が上位に来た理由として考えられるのは、
1.ピーキングが上手い。
2.記録会を上手に活用して、主力組に「調整」をさせている。
(記録会は、主力組には練習の一環の位置づけなのかな...)
3.監督が調子の良い選手と悪い選手の見極めが正確に出来る。

その他のトピックとしては、山梨学院の落選です。
モグスが抜けてから急に弱くなってしまっているので、10月の箱根予選会も心配です。

農大は主力2人が絶不調で、拓殖もチームに勢いが無いのか肩透かしでした。
その一方で、最近箱根から遠ざかっている順天堂に復活の兆しが見えています。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ノンストップ

Author:ノンストップ
 ここでは趣味のランニングに限らず、日頃考えていることや、プロスポーツについて、ポジティブに出来るだけ柔らかい文章で書き綴っていこうと思っています。

ただ、ここに書くことは、私個人の意見であって必ずしも正論ではないことを、ご理解ください。

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。