スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

硬派な大会には生き残って欲しい

最近はどこのマラソン大会に出ても人が多すぎで困ります。
半年以上先の大会のエントリーが速効で定員に達するのも考え物です。

ランナーズの大会レポを読むと、制限時間の緩い軟派な大会が美徳とされている風潮なのが
少し気になります。

健康志向というより、東京マラソンの2部の放送が美化され過ぎて、マラソンは半分以上歩いても
完走できると一部の人に誤解されているせいでしょうか?

制限時間が緩いから出られる人が多く収入も潤うのは当然のことで、反対に制限時間がキツイと
出られる人が少なく、スポンサー収入も減るご時勢で大会の存続が危うくなるのは寂しい話です。
そのために制限時間を緩くしてしまうとしたら残念です。

大会参加費の高騰という問題も気になります。
ほっといても人が集まるからと胡坐をかいている大会には生き残って欲しくないです。

フルなら制限時間4時間以内、ハーフなら1時間40分以内で、定員も受け入れ可能人数から
増やさないで欲しい。

そういう大会こそ生き残って欲しいです。

あと、マラソン大会のエントリーには書類選考が必要だと個人的に思っている次第です。
フルマラソンに出るなら、半年以内にハーフを決められた時間内で完走していること
ハーフマラソンに出るなら、半年以内に10kmを決められた時間内で完走していること
というように。
事務手続きが面倒になるのは分かりますが、自覚の無い出場者が多すぎますよ。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ノンストップ

Author:ノンストップ
 ここでは趣味のランニングに限らず、日頃考えていることや、プロスポーツについて、ポジティブに出来るだけ柔らかい文章で書き綴っていこうと思っています。

ただ、ここに書くことは、私個人の意見であって必ずしも正論ではないことを、ご理解ください。

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。