スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根駅伝予選会

☆上武と青学が出場権Get
上武大(初出場)の3位通過は驚きです。勝因は予選会ならではの「集団走」!
上武大の1位の選手は1:01:12、10位の選手は1:01:50。わずか38秒差の中に10人が固まって20キロを走りきったのです!
後ろの選手は、いくら付いて行くだけといっても、走力と当日の体調が整ってないと難しいですよね。

青山学院は33年前に出場した時は、10区で襷が途切れたままという事なので、心情的に出て欲しかった大学です。

ただ、本番では上武と青学は最下位争いになる可能性が高いと思います。
仲間の力を借りて走る「集団走」と1人で走るのは全然違いますし、箱根独特のプレッシャーと大声援に飲まれるでしょう。

☆増枠3校に救われたのは?

もし去年通りのルールなら、8位~10位がインカレポイント枠で、11位以下が落選するため結果はこうでした。

8位 専修大 10:19:25 -1:35 -> 10:17:50(9位) 通過
9位 明治大 10:19:30 -2:15 -> 10:17:15(8位) 通過 
10位 大東大 10:21:21 -1:45 -> 10:19:36(11位) 落選 
11位 国士舘 10:21:32 -3:35 -> 10:17:57(10位) 通過
12位 順天堂  落選
13位 青山学院 落選

上記のように大東と順天堂と青学が増枠3校の恩恵を受けたことになります。

☆佐藤悠基(東海大)松本昂大(明治大)エースの20キロ
20キロは舐めてはいけない距離。普通なら体調万全でない選手は出すべきではないと思います。
箱根に出られないとOBや学校関係者がうるさいからエースが無理をしなきゃいけない。困った問題です。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ノンストップ

Author:ノンストップ
 ここでは趣味のランニングに限らず、日頃考えていることや、プロスポーツについて、ポジティブに出来るだけ柔らかい文章で書き綴っていこうと思っています。

ただ、ここに書くことは、私個人の意見であって必ずしも正論ではないことを、ご理解ください。

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。