スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高島平

高島平ロードレース(10km)を走ってきました。

46分55秒(前半22:50、後半23:45)全然練習しないで走るとこんなものです。
臀部の骨と恥骨が痛むのを理由に練習をサボってるツケです。

高島平に出るのは初めて。人の混雑が最初だけで走りやすく、コースがフラット。
朝が早く、5時半起床で6時の電車に乗り、7時45分には現地入り。
8時47分にスタートするので、月例より始動が早い。

残り1kmで後ろから追い上げてきた女性ランナーとのデッドヒートになった。
途中でペースを落として貯めていた体力があって、1度は抜かれたが再度抜き返し、振り切ることが出来た。

帰りに20kmの部を駅前で観戦。
東洋大、駒澤大、明治大の駅伝メンバー入り候補選手が激走する姿を真近で見るのは圧巻。
さすがに顔だけで分かる選手がいないため、プログラムでゼッケンと照合して誰かを確認。

駒澤の1年はやはり強いことが判明。昨日の予選会の5人に今日の2人を加えた7人は皆戦力らしい。
箱根の本戦で走れるのは、多くて3人ぐらいと思っていたが、大八木監督も選出に嬉しい悲鳴のようだ。

しかし高島平のコースには1つ問題がある。

駅前のスーパーマーケットが10時に開店するため、コースを買い物客の横断や自転車の斜断で邪魔されるのだ。
10kmの部は10時前にゴールするので気づかなかったが、20kmの部が通行人が増え重なる。
板橋陸協の人だけでは警備が足りない。
そもそも「マラソン競技の最中であることに全く気づいていない鈍感すぎる高齢者と認識の甘い人が多い」のが事実。

20kmは周回遅れが多数出て見た目にも順位が分かりにくい。
コースの見直しが必要か?
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ノンストップ

Author:ノンストップ
 ここでは趣味のランニングに限らず、日頃考えていることや、プロスポーツについて、ポジティブに出来るだけ柔らかい文章で書き綴っていこうと思っています。

ただ、ここに書くことは、私個人の意見であって必ずしも正論ではないことを、ご理解ください。

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。