スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イチローの偉大さ

昨日、マリナーズのイチローが9年連続200本安打のメジャー新記録を達成した。

2001年 242安打 打率 .350
2002年 208安打 打率 .321
2003年 212安打 打率 .312
2004年 262安打 打率 .372 (シーズン最多安打記録更新)
2005年 206安打 打率 .303
2006年 224安打 打率 .322
2007年 238安打 打率 .351
2008年 213安打 打率 .310
2009年 200安打 打率 .353 (9/14時点)

「無事これ名馬なり」

ランニングの世界でもよく使われる言葉ですが、イチローの場合は大記録の継続というのが凄い。
阪神の金本のように連続試合出場ではなく、今年は10試合近く欠場していても200本ヒットを打てる。

NHKのスポーツ大陸という番組でイチロー特番をやっていた。
やはり、WBCで日の丸の重圧を背負ったことが野球人生最大のプレッシャーになったそうだ。
苦しい時にそれを思い出せばどんな困難にも打ち勝てる。
そんなセリフ、一度は言ってみたいものです。

イチローは打率よりも安打数にこだわってるそうです。
打率は打てないと下がるけど、安打数は打てなくても減らない。
だから打率にこだわると気持ちが消極的になるので安打数にこだわるとのこと。

イチローのヒットの多くは内野安打です。セコイ稼ぎ方だと自分も正直そう思ってましたが、
内野安打を打つにも技術があって、わざと飛ばないように打ってベースを駆け抜けるんですね。
バレーボールでも強打を打たずに相手のブロックに当てて外に弾き出すのと似てる感じがします。

ただ、歳をとって足が衰えてくると内野安打が減るので200本ヒットを打つのは厳しいと誰しも思うところです。
今35歳。あと何年記録を伸ばせるか? 更なる工夫と進化に期待しますね。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ノンストップ

Author:ノンストップ
 ここでは趣味のランニングに限らず、日頃考えていることや、プロスポーツについて、ポジティブに出来るだけ柔らかい文章で書き綴っていこうと思っています。

ただ、ここに書くことは、私個人の意見であって必ずしも正論ではないことを、ご理解ください。

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。