スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校野球

今大会ナンバーワン投手は、桐光学園 松井投手(4試合68奪三振)で決まりかと思っていたらとんでもない。

大阪桐蔭 藤浪投手 内容が凄い!


決勝戦 光星学院 2安打完封、14奪三振
(連投!)
準決勝 明徳義塾 2安打完封、8奪三振
(中1日)
準々決勝 天理 4安打完投(9回2死まで無失点)、13奪三振
(中6日)
2回戦 木更津総合 6安打完投(自責点1)、14奪三振


4試合 36回 14安打 自責点2(防御率0.50)49奪三振


対戦相手は決して弱い訳ではない。

中でも光星学院の3番田村、4番北條(今大会4本塁打)はドラフト候補の強打者。


この数字だけ見れば、藤浪投手は秋のドラフトで複数競合しそうです。
(仕事で1試合もTV観戦出来ませんでしたが...)


ただ、投手の肩を壊す「過密スケジュール」だけは改善して欲しいですね。
スポンサーサイト

男子マラソン入賞

中本選手が「予想外」の6位入賞。

今回の派遣メンバーから見れば、アフリカ勢を相手に大健闘です。

夏のマラソンならではの「暑さの消耗戦」で2時間11分台。

スピードで劣る日本選手でも、このような展開に強い選手を選んで良かったのと、
拓大先輩の藤原新選手がマスコミのプレッシャーを一手に受けてくれたのも大きいか。


☆マラソンの理想の選考は次のように考えます。

①エース役。マスコミ向けにプレッシャーを受ける人。

②入賞狙い役。何レース走っても常に安定している人。

③若手期待枠。4年後にエースに育って欲しい人。
(現状は一発屋ラッキー枠?)


今回、男子は上記に当てはまっていたから良かったものの、
女子は尾崎選手①->②、重友選手③->①?(調整で失敗)、木崎選手③->③のような気が・・・


☆外国勢のサプライズ

①ケニアがマラソンで男女とも金メダルを取れなかったこと。

②エチオピア男子は若手3人でマラソンに望んで全滅したこと。
(皇帝ゲブレシラシエの存在は大きかった)

③ウガンダの選手が金メダル。実は今年の東京マラソン3位の選手でした。
(2位の藤原新選手の直後に黒の帽子と半袖のウェアでゴール。ノーチェックでした)


☆番外

カンボジア国籍を持つ「日本のお笑い芸人」が、ロンドンのコースを走っていたとしたら?

暑さと走りにくい石畳のため、2時間35分以上かかると思うので最下位争いか?

五輪女子マラソン

4年前の北京よりは少しはマシだったかも知れませんが、残念な(ある意味当然な)結果でした。

そもそも、国内の選考会を勝つことで満足してるようじゃ駄目ですよ。
昔だったら、名古屋は本番までの調整期間が短いからって避けていたじゃないですか。

ここらで女子にも「気持ちの強い選手」が出てきてもらわないといけません。
テレビを見ていた中高生がその気になってくれないと困りますね。


今回はコースのせいもありますが・・・
道幅が狭いため、どうしてもペースが上がって下がってが繰り返されるので、
ケニアとエチオピアの独壇場になりますよ。
ロシア選手の3位が大健闘でしたよ。


現在は女子もケニアとエチオピアが本気になってしまったので、今後も厳しいと思います。

せめて2時間20分を切れる「日本人エース」が誕生してくれれば応援し甲斐もあるのですが...
プロフィール

ノンストップ

Author:ノンストップ
 ここでは趣味のランニングに限らず、日頃考えていることや、プロスポーツについて、ポジティブに出来るだけ柔らかい文章で書き綴っていこうと思っています。

ただ、ここに書くことは、私個人の意見であって必ずしも正論ではないことを、ご理解ください。

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。