スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江東シーサイド

江東シーサイドマラソンに参加。10kmを46:26(22:53、23:25)
昨日も10km走ったせいか、体が重く前半が攻めきれなかった。
後半も全く伸びず。
10km走者700人でストレスを感じず、永代通りを走れるのは気持ちいい。

10kmの最下位で完走した人は、15分遅れてスタートするハーフの優勝者に2度も抜かれていました。
ちょっと恥ずかしいと思うけど...
スポンサーサイト

マンモス大会が多すぎる

マラソンブームもあって、最近は都心の大会は軒並み参加者が多く走りにくい。

従って東京マラソン、湘南国際マラソンを除いてなるべく参加者の少なそうな大会を選ぶようにしています。

来週走る予定の江東シーサイドは穴場中の穴場です。
ハーフ1600人、10km700人が定員で、大通りを走らせてもらえます。
中学時代の出身地ということもあり、勝手知ったるコースでもあります。

マンモス大会で少しでもストレスを軽くする作戦としては、
パンフを隅から隅まで読んで予習をしておくこと。
何でも早め早めに行動すること。

タイムスケジュールを頭に入れておけば、途中から短い種目の遅いランナーと合流することも分かりますしね。

連休最終日

用事を済ませて夕方4:30からのジョグ。
自宅まで走るつもりだったが、昨日の大会の疲労を感じて途中で切り上げた。
パンクした自転車を修理に出して、受け取るまでの空き時間に千葉駅伝を
テレビで観戦した。日本の3チームの全メンバーは駅伝慣れしているので
予想通りの好走だった。柏原君の最初の飛び出しは普通アレをやると大失速
するところが最後まで粘ったのには驚いた。やはり只者ではない。

距離不足

今日はよこすかシーサイドマラソンを走ってきました。
手持ちの計測では46:15(22:25、23:50)
3km辺りで早々と落ち始め、後半は無抵抗に抜かれ放題...
今は大会が練習代わりなので、これが精一杯のパフォーマンス。
来年の千葉マリンまでには気力と体調をベストに戻したい...が。

ところで走暦10年にして始めての珍事をやらかしました。
マジックテープのシューズで大会に参加したところ、紐が無いのでRCチップが装着出来ず。
トラブルコーナーが見つけられなくて、仕方なくRCチップを手に持ってマットの上を通る時に
手を伸ばして近づけたものの「距離不足」で反応しなかったようで結局完走したのに「記録なし」

マジックテープのシューズは練習用に専念すべきか。

大会予定

11/15 横浜月例 10km
11/22 よこすかシーサイド 10km
11/29 江東シーサイド 10km
12/13 クロスカントリーin SAYAMA 6000m
12/20 大田区ロードレース 10マイル

1/10 マラソン準備マラソン 30km
1/24 千葉マリン ハーフ
1/31 館山若潮マラソン フル
2/11 金沢区ロードレース 5km(予定)
2/14 利根リバーサイド 10マイル
2/28 東京マラソン フル

2月まで確定です。欲張って入れた割りに勝負レースが無いです。
入れ込み過ぎて撃沈よりは、走ってみたら好タイムの方が良いのかも知れません。

湘南国際マラソン

う~ん...完走しただけですね。

タイムは自己ワーストの福知山に次ぐ、4時間33分台(ネットでも-2分半で30分超)
歩かなかったけど、23km以降(早過ぎ)10回以上立ち止まってストレッチの繰り返し。
前半が5分40秒/kmペース、後半がなんと7分/kmペース...

自分の場合、地面に手を付いて腕立ての要領でストレッチをやるもんだから、沿道整備さんが
慌てて飛んできて「大丈夫ですか」って心配されて...
申し訳なくて。

臀部痛に加えて、両足のふくらはぎは吊るし、まさに初心者レベルまで落ちた...
ゴール後に痙攣しなかったのは、スピードを出してないせいか。

全日本大学駅伝

戦前は駒澤大学の圧勝かと思っていましたが、意外な結果に終わりました。
3区までトップを独走していながら、4区・星君の大ブレーキは全くの想定外でした。
原因は脱水症状らしいですね。
気温が高かったこと、春先に故障して不安を抱えていたこともあったんでしょうか...
6年前にも全日本の4区で、早稲田の選手が脱水症状による途中棄権がありました。
鬼門の四日市なのかも...

自分も東京マラソンの時、待ち時間の長さと緊張でスタート前から喉がカラカラだった
ことを思い出しました。5kmの給水までが長かったでしたね。

この大会には、もう1つのポイントがあります。
留学生の規制が無いので何人でも使えることです。

優勝した日大は留学生2人を最大限にフル活用したことです。
ズルイと言われようが、ルール上問題ありません。

しかし、箱根は留学生は1人しか使えないルールになっています。
日大は箱根ではシード争いに甘んじるでしょう。

箱根はどこが優勝候補かと言うと、山登りに柏原君のいる東洋が本命か。
対抗は駒澤と早稲田。どちらも山登り次第ですね。
プロフィール

ノンストップ

Author:ノンストップ
 ここでは趣味のランニングに限らず、日頃考えていることや、プロスポーツについて、ポジティブに出来るだけ柔らかい文章で書き綴っていこうと思っています。

ただ、ここに書くことは、私個人の意見であって必ずしも正論ではないことを、ご理解ください。

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。