スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根駅伝区間エントリー

箱根駅伝の区間エントリーが今日発表されました。
ただし、当日変更有りの戦略含みのオーダーです。
前評判では駒沢本命と言われてますが、これを見ると早稲田が優勝しそうな気がしてきました。

その理由は、早稲田の区間配置がオーソドックスでは無く、対駒沢を意識した区間配置だからです。
エース竹澤君が2区でなく、3区というのが良く考えられた作戦です。

駒沢の勝ちパターンは、1区で確実に早稲田の前に出て、2区の宇賀地君の体が温まった頃に後ろから急ピッチで上がってきた竹澤君をペースメーカーに利用して喰らい付く。3区と4区は辛抱して、5区の山登りで大差を付ける。
復路は6区の山下りは辛抱して、7区と8区を繋ぎ、9区でとどめを刺し、10区は襷を運ぶだけというシナリオ。
そこで、この必勝シナリオを崩す作戦が「竹澤君3区」という訳なんですね。

早稲田の2区尾崎君は最後まで粘れるタイプの選手。前半の平地では駒沢に置いていかれるものの、後半の坂から駒沢との差が詰まり、襷渡しで1分差程度に抑える計算。次の3区は駒沢が準エース投入でも竹澤君で一気に2分近く貯金が出来る。
1番の問題は山登り。駒沢の星君相手に三輪君が遅れても2分差以内で走ることが勝つ条件になります。

さすがに大八木さんも策士です。4人使える交代枠をフルに生かす作戦できました。
深津、池田、太田、我妻の4選手をリザーブから何区に入れてくるか手腕が問われます。

早稲田スーパー1年トリオ VS 駒沢叩き上げ4年の勝負も見ものです。
スポンサーサイト

ニューイヤー駅伝

正月の駅伝予想の第1弾、まずは(注目度の低い)ニューイヤーから。
まだオーダーが出ないので展開がどうにも読めませんが、例年の2強(コニミノ・中電)+2チーム(日清・ホンダ)の争いですかね。

区間編成がかなり変わりました。最長区間(22.3k)が4区に変わり、最難関区間5区(15.9k)とエース区間が2つ並びます。
ここを走る選手次第で優勝が決まる可能性が高いですが、アンカーの7区(15.7k)も長いので最後までもつれるかも知れません。
外国人選手は1チーム1人で最短区間(8.7k)の2区だけに限定。

コニカミノルタは、松宮兄、坪田と駅伝に強い2人がエース区間を快走すれば今年も本命か。新人の黒崎(東洋大卒)が新戦力。
中国電力は、マラソン3人衆(油谷・尾方・佐藤敦)が心配。中堅も世代交代に入ったか。新人の伊達(東海大卒)が新戦力。
日清食品は、マラソン組の諏訪・徳本がエース区間から外れるようだと苦しい。新人の北村(日体大卒)と座間(専修大卒)が新戦力。
ホンダは、東日本予選をトップ通過。新戦力が無く、流れを変える爆走型の選手がいない。

スポーツ紙や雑誌のような書き方になってしまいましたが、現状分析ではこんな状況のようです。

注目度で箱根駅伝に敵わない理由は、前哨戦の無い1本勝負のせいもあるかな?

大田区ロードレースと高校駅伝

今日は快晴。最高気温20℃..暑かった。
そんななか、大田区ロードレース大会に参加して10マイルを走って来ました。
タイムは1時間14分52秒。1k平均にすると4分40秒ペース...そんなに遅くはない筈。
でも結構抜かれました。女性にも結構抜かれました。割とレベルの高い大会かな?
大井埠頭中央公園を周回するコースで5周は精神的に疲れました。
コースが狭くて速い人と遅い人がバトルロイヤルで入り乱れる...正直言って苦手な形式です。
ゲストで東野幸治が走ってました。10kで50分ちょうど位で走ったので、まあまあじゃないでしょうか?
もう1人、本村弁護士のゼッケンはスキンヘッドの別人? が走っていました。
2人とも所属欄が「チーム行列」でした。東京マラソンの調整の一環でしょうか?

家に帰って、録画しておいた高校駅伝を見ました。
女子の豊川、男子の佐久長聖、どちらも予想通りのレースでした。
ひとつ気になったのが、襷渡しで選手がいないのが随分多かったこと。
これだけ多いとなると、恐らくコール漏れなんじゃないかと。
市民駅伝の場合、チーム数が多すぎてコール漏れが多いから、係員を信用しないで来る予想時間が来たら勝手にリレーゾーンに出ます。
エリ-トレースは、勝手な事をすると、おじいちゃんの役員がすぐ怒鳴るから選手も怖いんでしょう。
おじいちゃんの役員は、動きがトロイから選手とぶつかったりもするし、ダメダメです。

情報戦

プロスポーツは始まる前の情報戦の時期が一番面白い。

プロ野球の日本シリーズなら、先発投手は第1戦から第4戦まで誰が投げて勝敗はどうなるとか?
サッカーの代表戦なら、日本のスタメンと相手のキープレイヤーとのマッチメイクから展開はどうなるとか?
これが実際に始まってしまうと、期待外れ度が大きいんですよね...

我々一般人の情報の仕入れ先は、90%以上が新聞・雑誌等のマスコミからですが、
監督・コーチがマスコミ相手に馬鹿正直に自分達のチーム事情を話すと思いますか??
普通は隠すか、嘘を言うでしょうね。
プロスポーツはマスコミを上手く利用した方が大概勝ちです。

ネットの学生君達の書き込みを見てると、つい笑ってしまう。
駒沢の大八木監督や早稲田の渡辺監督がマスコミ向けにリップサービスをしてるだけなのに、
それを馬鹿正直に信じてるんだから...駆け引きに決まってるでしょ。

よくある発言は、こう解釈します。

「主力のA君は絶好調」 -> 実は故障を抱えて不安。本当に絶好調なら言う訳ない。
「4年のB君とC君に使える目処が立った」 -> 彼らはダミーエントリー要員。結局走らない。
「山は心配していない」 -> 実はギリギリまで出す選手を決めかねている。
「竹澤はまだ故障が完治していない」 -> 本番でしっかり区間賞争いをする(走れなかった場合の言い訳)

名将=いかにタヌキに徹するか...ですかね。

起きたら雨

今日は狭山クロスカントリー大会に出場の予定でしたが、朝起きたら雨。
クロカンは雨だとコースが泥だらけになるので、欠場にしました。
午後は予報通り雨があがったので、実業団女子駅伝を見た後で28kのLSD。
しばらく出来なかった走り込みが出来たので結果オーライかも?

実業団女子駅伝は豊田自動織機の優勝。
3区渋井の快走で三井住友で決まりかと思いきや、5区大平のブレーキが大誤算。
見る側にとっては面白い展開でしたが...

実業団女子を見ていると、高卒1年目の選手が活躍する一方で、中堅選手が伸び悩む
傾向が昔からあるようです。
新旧世代交代はどこの世界でも難しいようです。

駅伝シーズン到来

12/10に箱根駅伝の1次エントリー16人が発表になりました。
1/2、1/3の本番を走るためには、この16人の中に登録されないといけません。

次に12/29の区間エントリーで1区から10区までと補欠6人が発表されます。
大学によっては、エース級の選手を補欠に登録する作戦を使います。
その理由は、当日変更で補欠登録の選手との入れ替えが利くからです。

1/2の往路、当日の朝7時までに当日変更があればメンバー表を提出します。
1/3の復路も同じ手順です。

以上の流れで本番を走るメンバーが確定します。

優勝候補の駒沢と早稲田は共に中心選手が順当にエントリーされました。
ただ早稲田1年の中山Jrは、まだ力不足ということで今回は外れました。
12/29の区間エントリーが注目です。

12/14には実業団女子駅伝。
今回も三井住友海上の優勝が濃厚か? 選手層が他のチームと全然違います。
渋井・大平・大崎で主要区間は十分。繋ぎの区間も隙なし。
対抗はワコール。福士以外の主要区間のレベルが上がったものの、まだ届かないか。

12/23には高校駅伝。
男子は佐久長聖が全盛期の西脇並みの戦力を誇る。初優勝が濃厚。
女子は立命館宇治・豊川・須磨学園のいずれか?

1/1にはニューイヤー駅伝。
中国電力・日清食品・ホンダ・コニカミノルタ 主力の調整次第?

1/2、1/3 箱根駅伝。

どうなる東洋大学?

箱根駅伝まで残り1ヶ月を切りました。ところが東洋大学が大変なことになっています。
長距離部員のK君(20歳)が電車内で痴漢行為をして逮捕され退部。川島監督と部長が引責辞任となりました。
東洋大学の処分については、5日の関東学連の会議で決まるらしいです。
今年の東洋は、駒沢・早稲田に次いで優勝候補の3番手。大西智・柏原の2枚看板を中心に、箱根本戦を走れる選手が30人以上もいる他校が羨む無類の選手層の厚さ、前評判が高かっただけに何とも残念です。

まだ、どっちに転ぶか分かりませんが、出場出来たとしてもベスト・パフォーマンスで走れるとは思えませんし、沿道から心無い野次が飛んだりして...複雑な心境ですね。
85回を数える箱根駅伝の長い歴史を見ても、部員の不祥事による大会の辞退となると過去に例がありません。

問題のK君は、10000mを29分台、3000障害で入賞する等、実績のある選手でしたが、16人の箱根エントリーには入ってなかったそうです。もっとも東洋には10000mを28~29分台の選手が25人位いる(他校ではありえない)ため実力があってもエントリーに入れない贅沢な悩みもあります。この多さははっきり言って異常です。

少々考えすぎかも知れませんが、有力選手の取り過ぎが原因で高校時代のエリート選手がキレて潰れていくという可能性も無くはないかな? とも思いますね。
だからと言って犯罪はいけません。

5日の関東学連のジャッジを待ちます。

芸能人のマラソン記録

2チャンネルの掲示板を覗いていたら面白いデータを見つけたので抜粋してみました。

☆芸能人、スポーツ選手でフル3時間40分以内☆

高石 ともや 2:45:07 京都 1979
東国原 英夫 3:06:58 青島太平洋 2004  
間 寛平   3:08:42 ラスベガス 1998
長谷川 理恵 3:15:36 ホノルル 2003  
伊達 公子 3:27:40 ロンドン 2004  
井岡 弘樹 3:30:05 甲子園西宮 2001
村上 春樹 3:31:26 ニューヨーク 1991
郷 ひろみ 3:38:37 ホノルル 1985

しっかり走り込んだ結果でしょう。特に上位の人達は凄い!

☆東京マラソンの芸能人トップ☆
猫 ひろし 3:48:57 2008

2009年の東京マラソンで最低限このタイムは下回れない。

☆森脇健児のベスト記録☆
10k 38:26  2006
ハーフ 1:27:41 2007
フル  4:29:10 2008

ハーフまでは申し分ないのに何故?

最後にこのデータを調べあげた人は、なかなか凄いと思う。
プロフィール

ノンストップ

Author:ノンストップ
 ここでは趣味のランニングに限らず、日頃考えていることや、プロスポーツについて、ポジティブに出来るだけ柔らかい文章で書き綴っていこうと思っています。

ただ、ここに書くことは、私個人の意見であって必ずしも正論ではないことを、ご理解ください。

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。