スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江東シーサイドマラソン

今日は江東シーサイドマラソンのハーフを走ってきました。
タイムはグロスで1時間37分44秒。ネットだと36分台。ベストから1分遅れのセカンドベストで走れました。
22:30、22:48、23:09、23:35、4:55

今日は気温が少々高めなうえ、前半に運河にかかる橋が多いこともあり、記録は出にくいと思いきや、コースと景観を熟知しているせいか走り易かったです。
江東区は小6から大学まで住んでいた準地元ですから。

腕振りでリズムを作って最初から4分半の良いペースを余裕を持って走れたのが大きかったです。
5kまでの平坦でペースを作り、5~7kの間に3回ほどある傾斜のキツイ坂もリズム良くペースを維持。
12k辺りまでは4分30秒台で走れたものの、まとめて抜かれてからペースが狂ってきて4分40秒台に落ち、最後まで元に戻せずゴール。後半粘れなかったことに課題が残りました。

走りは精神面に左右されます。後ろのランナーがいなかった筈なのに、足音がどんどん迫ってくると焦りますね。
前半だと相手のペースが速いからだと割り切って抜かれてもさほど気にならないのに、後半3人にまとめてかわされるとかなり焦ります。後で冷静に考えれば同じペースの人達で小集団で走っているからそんなに落ち込む必要は無いんですけど、抜かれた瞬間は自分のペースが相当落ちたと錯覚するんですね。

あと後半に初老の人に後ろにぴったり付かれて、プレッシャーを感じて走りにくかったので頭を使いました。
走りに余裕が無くなった時に横にスペースがあったので、横にズレて初老の人を前に出したんですね。
逆にその人の後ろに付こうとしたものの、こっちも余裕が無くなって少し離れ、また追いついてを繰り返し、残り2kでその人に追いついたら、かなりバテていたので、最後の力を振り絞って引き離しました。
コバンザメ走法が好きな人は、他人のペースに付いて行けば良いタイムが出ると思い込んでるフシがありますが、最後にフラフラになってしまうと、むしろ逆効果だと思うんですよね。

自分の体に問いかけながら自然にペースの上げ下げをするのが理想だと思いますけどね。
スポンサーサイト

伊勢・名古屋2泊3日の旅

無事に帰ってきました。半分は有意義で、残り半分は悔いが残る遠征でした。
順番が前後しますが、3日目の名古屋ハーフはネットで1時間39分23秒。
1年9ヶ月振りにハーフで100分を切りました。
25:06、23:18、22:49、23:08、4:53(スタート・ロスは1:45)

名古屋のコースはフラットで、路面は全てアスファルト。風も無く、気温もちょうど良くコンディション
は最高でした。
1週間前にフルを走ったせいか足の状態も良く、睡眠も十分取れて、朝食もしっかり取れたため
体調も十分。これで記録が出ない筈はありません。
関東でこんな記録の出るハーフのコースは思い当たらないですね。しかも女子マラソンと同じ名古屋の中心街を走れるんですから気分は最高です。

伊勢では野口みずき金メダルロードを1周してきました。
1周2.6kmの周回コースで、最初下りから入ってフラットな道が続き、最後だけキツイ坂を登ってゴールです。
100m毎に道に目印が付いており良心的です。
081123_1125~01

全日本大学駅伝のコースは、何箇所かの中継所と定点ポイントを自転車で回って見てきました。
ゴールの伊勢神宮だけは観光客が多かったため、入口手前で仕方なく引き返しました。
テレビによく映る場所は脳裏にしっかり焼きついていて「あっ、ココだ間違いない」と速攻で分かりました。

最後にハーフの大会は「いいペースで走れるとこんなに気持ちいいのか」と改めて思いました。
12月・1月と真面目に走りこめれば来年の丸亀ハーフで95分台まで復活出来るかもしれない...
と帰りの新幹線の車中で思いました。

名古屋・伊勢遠征

明日からの予定です。
11/22 名古屋~熱田神宮~桑名~揖斐長良大橋~木曽川大橋~松阪
11/23 松阪~度会橋~皇學館~伊勢神宮~野口みずきロード~名古屋
11/24 名古屋シティマラソン(ハーフ)瑞穂~久屋大通 往復

全日本大学駅伝のコースの要所だけ(欲張らず)見学してきます。
全日本のコースは8区間106.8km。箱根の往路108kmとほぼ同じです。
車を使えばコースを全部見れますが、ペーパードライバー暦が長いので断念。
そこで仕方なく自転車で要所だけ回ることにしました。
ランニングでと言いたい所ですが、名古屋ハーフが控えているのでそれも断念。

名古屋ハーフは制限時間が1時間55分。疲労を残して望むと関門アウトもありうる
ので舐めてはかかれません。

サッカーまさかの大勝

夜中に目が覚めてテレビを付けたらビックリ?
アウェイの中東(しかも因縁のドーハ)で中澤抜き。良くて引き分けと思っていたら
日本 3-0 カタール
強いんだか弱いんだか分からない。
やっぱり田中達也。使うと頼りになるドリブラー、日本に必要な選手。
肝心の試合をまったく見れなかったのが心残り...

日本は2位で良い。オーストラリアGood Job。3位以下をどんどん倒し戦意喪失させて欲しい。
日本はこの勝利で南アW杯出場がかなり見えてきた。

オーストラリア 9
日本 7
カタール 4
バーレーン 1
ウズベキスタン 1

湘南国際マラソン

小雨模様で無風で適度な気温というコンディションのなか、
グロスで3:58:42、ネットで3:55:27でした。
5k毎のタイムは以下の通りです。

28:40、26:46、26:37、26:34、
27:05、28:48、30:04、30:07、
12:42

現状通りのタイムでした。
前半26分台で自重しているのに後半30分台まで落ちていることが問題です。
後半無抵抗に抜かれ放題になるのは悔しいので、11月はハーフの大会で頑張り、
12月・1月に30k以上の練習を入れるようにしてレベルを上げたいところです。

佐世保バーガー(1000円)を作っている過程を見て「このボリューム感!喰いたい」
と思ったものの1000円払うのにためらって自重しました。
会場がまるでアメリカンな広さで、荷物置き場が遠い、スタート地点が遠いで
かなり歩かされました。横浜市内でフルをやって欲しいなという気も?

厳しい現状

湘南国際マラソンの目標は下方修正して4時間0分0秒。
風邪を治さないと出場すら危うい状態。

今後の大会の出場予定です。

11/16 湘南国際マラソン フル
11/24 名古屋シティマラソン ハーフ
11/30 江東シーサイドマラソン ハーフ
12/14 クロスカントリー IN SAYAMA 6km
12/21 大田区ロードレース 10マイル

1/25 我孫子新春マラソン 5km
2/1  丸亀国際ハーフマラソン ハーフ
2/11 金沢区ロードレース 5km
2/15 泉州国際マラソン フル
2/22 鎌倉アルプストレイルラン 20.8km
3/8  立川・昭島マラソン ハーフ
3/22 東京マラソン フル

今年は練習ペースで記録狙いは来年です。
10kmは月例でしか予定に入れていません。

風邪に御用心

最近、書き込みが止まってる理由ですが...急に寒くなったせいでしょうか?
ゴホゴホと咳込んでいます。そのため大事を取って練習も休みがちです。
週末に湘南国際マラソンだというのに、こんな調子で間に合うのやら?

先週の金曜日は、会社の創立50周年記念パーティが「みなとみらい」で開催されました。
総務としては無事終わってくれたことで、一つ落ち着けたところです。
9月末決算の会社なので、10月は決算整理のため経理としても多忙でした。
11月からやっと趣味のジョグに専念出来る矢先に体が不調とは皮肉なものです。
「少し休んで落ち着きなさい」ということなのでしょう。

3度目の正直

吉報です。来年の東京マラソンに見事当選! しました。
過去2回抽選で外れて悔しい思いをしていただけに喜びがひとしおです。
やっと銀座~浅草の公道をゼッケンを付けて走れるんだ!
1年目はボランティアで交通整理をして、2年目は新宿から歩道を20キロ走って、
3年目でやっともらえたゼッケン。長かった「予選会」いや「抽選会」でした。

さぁ、しっかり冬場を走りこんで体調を整えて(タイムはともかく)真面目に走るぞ!

体調不良...

ぐんま県民マラソンは不覚にも最悪の体調でした。
前日までは元気だったものの、夜中の2時に目が覚めてから急に下痢が襲ってきて満足に眠れず。
それでも4時半に起きて前橋に向かったものの、お腹は依然不安定のまま。
悩んだものの強行出場。
10kまではk4:55ペースで走ったものの、だんだん気分が悪くなり、たまらずスローダウン。
それからはコースアウトして何度も休んだり、トイレに行ったりしながら最後は歩きに近いペースで
なんとか完走。
タイムはネットで1時間53分台。それでも2時間以内で走れるのかというだけの感想でした。トホホ...

大会に出るとチェックリストが入っていて、このうち1つでも該当する場合は欠場しなさいと書いてあります。
体調不良の時は大会は走ってはいけません。

全日本大学駅伝

駒沢が3連覇。1年生が活躍した早稲田が2位。留学生2人の山梨学院が3位。
早稲田は竹澤君が疲労骨折の疑いありという情報で、予想を低く見ていたので意外な健闘でした。
一方で山梨はモグスが4区ではなく2区でトップに立つ作戦の方が良かったかな? と思いました。

駅伝は前半からの流れが大事です。リードすれば前半抑えて余裕を持って走れるのに対し、
前の区間が遅れると自分のところで挽回しようとして突っ込んで入るため結果的に更に遅れてしまいます。
1区と2区で出遅れないことが大事です。

早稲田が2位に入ったことで正月の箱根が面白くなりました。
「ストップ駒沢」の1番手は早稲田で間違いないようです。
早稲田の1年生トリオが20kの長丁場を区間上位で走れるか次第だと思います。

駒沢 VS 早稲田 今日の成績

1区 14.6k 星③  43:07(区間2位) 矢澤① 43:17(区間5位) 駒沢 10秒リード
2区 13.2k 宇賀地③37:56(区間4位) 竹澤④ 37:45(区間3位) 早稲田 1秒リード 
3区 9.5k 我妻④ 27:42(区間2位) 八木① 27:42(区間2位) 早稲田 1秒リード
4区 14.0k 池田④ 41:41(区間7位) 三田① 41:34(区間6位) 早稲田 8秒リード
5区 11.6k 井上① 35:00(区間4位) 高原③ 34:33(区間1位) 早稲田 35秒リード
6区 12.3k 高林③ 36:15(区間1位) 朝日④ 36:46(区間3位) 早稲田 4秒リード
7区 11.9k 太田④ 35:35(区間1位) 三戸④ 35:43(区間3位) 駒沢 4秒リード
8区 19.7k 深津③ 59:01(区間3位) 尾崎③ 59:41(区間4位) 駒沢 44秒先着

主なその他の戦力

駒沢  三大駅伝経験者は他にいないが、ハーフ64~65分台の選手は数人いる。
早稲田 加藤、中島、三輪、神澤、阿久津と箱根出場経験者が大勢控えている。

P.S. 今日はハイペースだったため、繰上げスタートが多かったのが見ていて可愛そうに思いました。
明日は、ぐんま県民マラソンに出場。始発に乗るので早く床につきます。

プロフィール

ノンストップ

Author:ノンストップ
 ここでは趣味のランニングに限らず、日頃考えていることや、プロスポーツについて、ポジティブに出来るだけ柔らかい文章で書き綴っていこうと思っています。

ただ、ここに書くことは、私個人の意見であって必ずしも正論ではないことを、ご理解ください。

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。